2011年05月27日

タイの秘島・サメット島〜その3

 エントランスにあった大きな花壷

その2の続きです。



2日目の午後ぐらいから曇り空になっちゃって、夕方には一瞬雨がぱらついたので3日目の最終日ドシャーっと降ったらどうしよ、、、、と思った。

けれど幸いにも雨は降らず、晴れたり曇ったりだったので・・・





シュノーケリング!!!


にしてもすごい曇ってるなぁ。





これはね、とっても楽しみにしてたのだー!
最初付けた時水が既に入っていたのか、口から酸素を吸っても海水が入ってきたのでパニックに(++;)!!!ヒ〜ッ

スミヘイがなんとか直してくれて、気を取り直して水中散歩を楽しみました。
わりと深い所まで行って水面をぷかぷか。


けど、この日はシュノーケル必要ないぐらい、
砂浜ギリギリまで小魚がウヨウヨ泳いでたの!!
肉眼でもはっきり見えたし。





分かり辛いかなぁ?








黒いのや黄色いのや青、ピンクといろんな色の魚たちが見えたので興奮っ。
フィンをつけてたので、高速で追いかけました(笑)


なに人か知らんけど、家族連れのおばさんがスナック菓子をばらまいてて、
「あなた!ここら辺魚いっぱいいるわよ!来なさいよ〜コレあげたらいいよ!」
とかテンション高めに言われたけど・・・

えーー・・、そんなことしなくてもいっぱいいるよ・・??と思い断って泳いでいた。

しばらくしてふと見るとスミヘイがお菓子を分けてもらってるではないかっ!!
傍に行ってみたら魚はスナックに見向きもしないし、スナックは油まみれの上、そのまま水面に浮いている・・・

こ、これ微妙・・・こういうのも積もり積もると海水汚くするんじゃないのっ?!?


ちょっと腑に落ちないことでした。
こんな国立公園で餌付けはまずいだろ!それにあげるならもっと食べそうなものあげろよ!!




  カニさん 

帰りの船が昼に出発だったので、午前中2時間ほどシュノーケリングをして、まだまだ遊び足りないままソンテオで元の船着場へ。
寝てるといつの間にかパタヤに着きました=3

また行ける機会は限りなく少ないけど、本当に思い出すだけでも楽しくなっちゃうなぁ。料理も景色も雰囲気も全てがなんか特別だった♪バンコクからも近いからまた行きたいな。










砂浜ダッシュ!





         
私らはキキアム狂。
(キキアム=ヤモリ。恐ろしく可愛いんだもん。)




ラベル:秘島
posted by しょうこ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | サメット島観光(タイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイの秘島・サメット島〜その2

       

「その1」の続きです。





2日目は朝からまたテンション高め。
なぜって、やはりおいしい料理(しかもブッフェという名の食べ放題♪)で静かな海が目の前だと心地いい。



波と戯れる外人母子を眺めながらもぐもぐ。
赤ちゃん、波が来るたび転ぶんだけど、泣かずにキャッキャ喜んでる。



この日はまた泳いだり昼寝してくつろいだり。はたまた岩場を歩いてみたり、白い砂浜をダッシュしてみたり・・・?!
岩の多い所は小さい魚がたくさんいたりして、それを追いかけるのに必死になっていると夕方になった。

地味〜に遊んでたけどそれがすごく楽しくて。マリンスポーツを目一杯やりたい人は東がオススメ。

かわゆい(^^)


   カニカニドコカニ?  




なんだか疲れすぎて部屋に戻っても寝てしまい、夜はロビーでパソコンやっていたらご飯を逃してしまった。レストランが閉まってしまったのだ〜。

仕方ないのでホテルのバーで作ってくれるという炒飯のようなものを注文。いきなり始まった演奏と共に2日目の夜を過ごした。

ほんとは東海岸に行って砂浜でビール片手にタイ料理だったんだけどなぁ〜・・・(><)チッキショー




その3へ続く〜!


ラベル:秘島
posted by しょうこ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サメット島観光(タイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

タイの秘島・サメット島〜その1

またまた前回いたタイの思い出話を一つ。

ラヨーンにいた頃、近くの船着場から出ている船からサメット島というとってもきれいな島に行けると聞いた。地元の人もオススメで、サメット島に行く為にラヨーンに来て経由する外人もいた。
ラヨーンにいた頃はあまり興味が無かったけど、パタヤに移ってから日本に帰る前に「一度行っておこうか」ということになった。

旅行会社でツアーが出ていたのでそれに参加。リゾート島に行くのに、交通費が船とバス代だけで済むのはなんかいい。


前日アメリカに帰る同僚と夜中の3時過ぎまで飲んでしまったので、旅仕度もせず朝を迎えた。朝は7時半頃集合だったのでかなり焦った!!

あいにくの雨模様。

テンション下がるでしょ、これは。


バンペー港に向かうミニバスのエアコンが壊れたとかで乗換えをさせられた。やっと港について、貨物船のような中型の船へ。



添乗員らしき旅行会社のあんちゃんが、なんだか様子がおかしかったのでパチリ。



・・・・・・・。

うん、こりゃレディーボーイ(おかまちゃん)だねっっ!?!??

申し訳ないけど、モザイクなしで載っけちゃった。夜にはお化粧して歩いてるんでしょう。



45分程乗っている間、ずーっと曇り。海も「そんなにきれいなのかな?」と期待も少ないまま、寝不足の為若干船酔い気味に。


で、着きました。と同時になんだかお天気になってきたので一気にテンションUP!!!









おかしいな・・・予定では桟橋があるはずなんだが。。。船は砂浜まで行ってくれず、はしけみたいなのに乗り換えて裸足で島に上陸(笑)

いやぁ〜、陽も照ってきて海がどんどんきれいに見えてきた!でもココどこ?状態。
実は島の北にあるナダム港に到着して、宿のある西側に移動する予定が、どうやら南東の船着場に来てしまったらしい。あー、ちゃんと確認してなかった!
まあでもせっかく着たから東海岸も満喫してから西に向かうか。


ステキ〜☆


船も多く人もそこそこいて賑わってたなぁ。売り子さんもいるし。喉が渇いたのでマンゴーとザボンを買った。

その後近くのレストランでランチ。







サメットで一番有名なのは東にある『サイケーオビーチ』
でも船の往来も激しく、想像よりはさほど海がきれいではないらしい・・・

私たちは今回西側の『プラオビーチ』に宿泊することにした。西側は岩場が多く、潮の流れも早いとネットで書いてあったけど、とにかくきれいらしいので。高級ホテルが2軒並んでいて、ほぼそこのプライベートビーチということで、直前にも関わらず必死で空き部屋を探した。それも3日間!移動もあるので正味1日半だけど、日帰りの人も多いのでのんびり楽しみたいと思った。











島内の移動はソンテオで。
乗り合いで人がいっぱいだと安いんだけど、運悪く客はうちらだけだったのでチャーターで西側へ。
料金は決まってるのでボラれることはない?かも。
島内は物価がタイではない!高い!!日用品も乗り物も。サメット島は国立公園なので入島時外人は一人400バーツ(約1200円)払う。た、高いよぉ〜〜〜!!!
島の環境維持に繋がるならいいけどさ。

道がとにかくひどいもんだからしっかりつかまってないと、荷物も吹っ飛ぶ。雨がふったら道は写真のような状態。


島の真ん中らへんは本当に開発途上という感じ。
で、西側の海が見えてきた・・・!




        

おおおぉぉぉ。。。
すごいじゃん!!!
p(・■・;)q


ちょっといいホテルだけあって、吹き抜けのロビーも楽園そのもの。
アオプラオリゾートというホテルで、部屋はコテージ。












コテージなので、夜は特に虫がすごい!!!
蚊と蛾・・・コイツらです。
ドアの開け閉めは電気を消してから・寝る前に蚊取り線香を焚く!のは必至。


この日はさくっと泳いでプールサイドでちょっと休んでの繰り返し。
天気がよくなって本当に良かった!
ビーチリゾートとかわざわざ旅行で行く人の気が知れなかったけど、今回分かりましたよ〜。



夜はホテル近くのレストランへ。西側は売り子さんも出入り禁止らしく、ほんとプライベートな感じなのでレストランもホテル関係のか、他数件しか無い。


『BUZZ』というレストランはタイ料理なんだけど、おしゃれな創作ものを出す。ワインも1杯ずつついて2人分の値段がお得なコース料理があったのでそれにした。

といってもワインは1杯ではおさまらず・・・
海老のフリッターとか黒胡椒ビーフの野菜炒めとか。スープもタイ風味。






デザートのバナナのソテー。
ココナッツミルクがかかってなんかクセになる味!
言われないと何か分からんよね?!






その2へ続く〜〜〜

ラベル:秘島
posted by しょうこ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サメット島観光(タイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。