2012年12月17日

筆談ののち、棒人間

先の日記にも書きましたが、寒さがより一層厳しくなりつつありまする。
今日は−36℃・・・天気予報には体感温度−44℃とあったんですが!?マジかがく〜(落胆した顔)

ロシアのスーパーとかコンビニでは大きな額のお札は使えないことがある。店員の都合で取り扱わないとか、お釣りがないとかそういうことで。ちょうど食料難だったしお札をくずしたかったので、扱ってくれる少し先のスーパーまで行こうと思ったけど、外に出て思った。

うん、やめよう。
行けない、無理。


一瞬だったね。ほんの10分ちょいの距離さえも躊躇する寒さ!手袋をしていないと一瞬でビリビリしてくるし、その痛みが頭と目にもくる。店のドアノブを素手で触ろうもんなら、5分ほど手のしびれが取れない(私の場合、ね)やけどしたかと思ったわもうやだ〜(悲しい顔)!!

顔だけだよ、何も着てないのは。ピリピリ痛いよどんっ(衝撃)鼻毛は当たり前のように凍るし。息のわずかな蒸気でまつ毛も凍るし。どうなっとんねんオラーちっ(怒った顔)あの犯人マスクみたいなんかぶったるぞー!


あ、愚痴になってしまった。
本題はタコス屋に行った時の筆談について。(このお店ね→『タコス屋』

≪続きを読む。クリック!≫
posted by しょうこ at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外出張☆オムスク(ロシア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。